アコムの増額には2つのデメリットがあること知っていましたか?

利用実績などに応じ、アコムから増額の案内が来ることがあります。案内メールがなくても増額の申込みをすることが出来ますが、増額の再審査にはデメリットになってしまうこともあるので気をつけましょう。


●その日に審査回答はない

限度額を引き上げると同時に、返済能力の高さも重視されます。増額となると1ヶ月で借りた額をしっかり返済する事が出来るか?を、現在の収入や他社借入額などを審査するため、再審査には2~3日の時間が必要となります。

●限度額の見直し

アコムは限度額50万円以上・他社借入総額100万円以上で収入証明書の提出です。初回申込みした時より収入が下がっているなどの状況により、収入に対して返済できる額へと限度額の引下げが行われてしまう事があります。場合によっては一時的に融資停止もあります。

失敗しないキャッシングサービスの選び方

  • 即日融資に対応してる
  • 今すぐお金を必要とするなら、WEB完結も対応可能なキャッシングサービスを選びましょう。審査回答が最短30分なら急ぎでも安心です。

  • 契約機数が多い
  • 土日祝日にお金を借りたい時も、契約機数が多いとどこでも利用することが出来るので便利。遠くまで行く手間を省くことが出来ます。

  • 無利息サービスで返済額を抑える
  • 金利を確認せず焦ってキャッシングすると、返済額に驚くことがあります。無利息サービスがあると返済額を抑えることが出来るので、計画的に利用することが出来ます。

プロミス
200*200
三菱東京UFJ銀行カードローン
審査
時間
WEB完結
も対応可能
最短30分審査回答
WEB完結
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台 約600台
瞬フリ
サービス

詳細
専業主婦
借入
実質年利 4.5%~17.8% 1.8%~14.6%
無利息
期間
30日間あり※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり
・口座不要で可能
・提携ATM手数料0円

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式HPをご確認ください。※3 契約完了後

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のスペック

プロミスは瞬フリがあるから、急ぎでお金が必要な時も安心!24時間365日、お客様の口座へ振込みキャッシングしてもらえます。登録口座が三井住友銀行かジャパンネット銀行なら、24時間最短10秒で口座へ振込融資も可能です。会員サービス限定なのでぜひご利用してみましょう。

インターネット完結で取引出来ます

来店や郵送なしでプロミスなら申込みを終わらせることが出来ます。インターネットからの申込みは24時間365日いつでも利用することが出来るので、深夜にキャッシングしたい!とお考えの方にもしっかり対応してくれます。アコムで増額するには電話連絡が必要となる他、再審査まで数日必要となります。

プロミスで申込みをする際、アコムで増額をする際どちらも必要書類の提出が必要となります。収入証明書に関してプロミスは、限度額50万円まで・他借入総額100万円まで提出不要となります。本人確認書類(運転免許証など)は撮影した画像をデータとして送信するだけで大丈夫。郵送不要なので最短ルートでWEB完結も対応可能で申込出来ます。

審査・融資は最短当日も可能

プロミスはWEB完結なら最短30分で審査回答も可能です。夜21時までの申込みとなりますが、審査対応が早いので仕事が終わってから申込みをしても時間に余裕を持つことが出来ます。審査結果は指定の連絡先へ連絡となるため、周囲に知られる心配もありません。

また、WEBで手続完了なら即日融資も可能です。銀行が閉店する15時以降の申込みでも、最低でも夜20時までに申込み審査を完了していると、契約機でカード受取することで深夜でも即日融資も可能です。プロミスの契約機は9:00~22:00までと営業時間が長いです。(※一部21時もあります。)

30日間無利息サービスがある

プロミスは初めてお金を借りた翌日から30日間無利息サービス適用となります。アコムで増額すると新規契約とは異なるため、無利息サービスの対象外となってしまいます。新規でプロミスで契約することで、30日間無利息サービスが適用され返済総額を抑えることが出来ます。

プロミス会員サービスへ登録することで、サービスログインボーナスなど様々な項目クリアでポイントが給付。貯まったポイントを無利息サービスへ交換することが出来るなどお得なサービスがいっぱいのプロミス。(無利息期間は7日間・15日間・30日間とポイント数に応じて変動)1回限りの無利息サービスではないので、今後も使う機会があるならよりプロミスはお得にキャッシングすることが出来ます。

アコムでキャッシングやカードローンなどの借入を行い、現在の利用限度額よりも増額をしたい場合の手続きは可能ですが、その際には契約申し込みの時と同じく審査が行われます。新規契約の申込みの時には審査に通過したからといって、増額の申込みの際の審査には必ず通過するとも限りません。審査に通過しなければ利用額を増やすことは出来ません。利用限度額の増枠をするために必要な準備として、アコムでの利用履歴を確認してみます。これは返済の実績があるかを確認するためであり、半年以上の期間で返済の実績があれば、利用限度額を増やすことには問題ありません。利用期間がそれより短い場合はやはり半年以上の利用実績を作るべく、申請までしばらく待つ必要があるでしょう。アコムのホームページから会員登録を行い、会員ページを確認した時には次回の返済額や貸付残高の確認は出来ますが、過去の期間でどれくらい借入を行い返済が行われたかは確認が出来ません。そこで会員登録の時には、利用明細の受け取りを希望するという項目欄にチェックを入れて会員登録を行います。これでアコムのホームページから過去の返済履歴を確認することが出来ます。返済の際の支払方法に口座振替を選択していれば、毎月利用明細が自動的に送付されるようになっています。インターネット上で借入や返済の管理を行うことは出来ますが、支払いの延滞についてはインターネット上で調べることは出来ません。毎月、利用明細を受け取るようにしていれば延滞のあった時は確認が出来ます。増額の手続きについて注意しておくことは、アコム以外の他社からの借入れについてです。少額であれば問題はないのですが、多額の残債があれば増額の手続きをしても、審査に通過することは出来ません。その理由としては沢山借金がある状況の中で、今後の利用額を増やしたとしても返済出来る能力が認められないためであります。これは新規の契約申し込みの場合でも同じことであり、すでにいくつかの金融機関からお金を借りていてさらにお金を借りる手続きを行うのであれば、審査を行って返済能力が確認出来すにお金を借りることが難しくなることにもなります。また借入件数が多い場合も手続きは難しく、他社からの借入額や件数が多い状況であれば一本化するなどして、返済額を減らしていく努力が必要です。借入の申込みでなくても、クレジットカードの申込においても審査に影響します。クレジットカード会社の審査にしても借入の審査にしても、情報信用機関を通じて利用者の現在の借入状況が確認されます。このように情報が共有されることもあり、クレジットカードの新規申込にしても、その事実が確認出来れば借入額を増やすことにも影響され審査に通過することが難しくなることがあります。クレジットカードの申込みの場合は、キャッシング枠をゼロに設定することも出来ます。クレジットカードの申し込みをしてもお金を借りることがないのであれば、キャッシング枠の設定をしないようにします。また今まで持っているクレジットカードで利用していないものは解約すると良いでしょう。増額の申請手続きをする場合は、収入が証明できる書類の提出が必要になります。現在の利用者の収入状況を確認して増枠が可能であるかを審査で確認するために書類の提出が必要です。アコムでは給料明細書や源泉徴収票の他に自営業者を対象とした確定申告書、納税証明書などの書類で対応が出来るようになっています。増額に関してですが消費者金融の場合は総量規制の決まりにより、年収の3分の1以上の借入は出来ないことになっています。増枠をしようとしている時点で、年収の3分の1以上の借入を行っている、または限度額がその額に設定されていれば、それ以上枠を増やすことは出来なくなるので注意が必要です。


 

 

 


このページの先頭へ