イオン銀行の増額には2つのデメリットがあること知っていましたか?

イオン銀行カードローンの増額は平日14時まで申し込むと早ければその日のうちに審査回答も可能です。限度額が引き上げられるため、初回申込みよりも審査は厳しく対応します。収入証明書の提出も必要となります。申込みには2つのデメリットがあるので、まずは確認してから増額検討してみませんか。


●借入まで約4日もかかる

イオン銀行カードローンの増額は、審査回答は早いのですがローンカード受取まで約4~5日待つこととなります。急いでお金が必要な場合、間に合わない事もあります。審査状況によっては日にちが遅れてしまうこともあります。

●貸越極度額から減額もある

イオン銀行カードローンの増額審査は、当行及び当行指定の保証会社で審査します。初回申込み当初と状況が変わっている場合、さいしんさにより極度額が減額されてしまう場合もあります。また極度額により金利も変更となる場合もあります。

zogaku-tsumari

失敗しないキャッシングサービスの選び方

  • 今日中に借りれますか?
  • 出来るだけ急ぎたいなら即日融資も対応したキャッシングサービスを選びましょう。ATMより振込み融資の方が早くお金を借りれます。

  • 契約機の台数が多いですか?
  • 契約機の台数が多いと、いつでもどこでもキャッシングサービスを利用出来ます。出張先などでお金が必要な時も、契約機を探さず便利。

  • 計画的に返済出来ますか?
  • 金利だけ比較するのではなく、無利息など便利なサービスも確認しましょう。計画的に返済出来るので最後まで困りませんよ。

プロミス
200*200
三菱東京UFJ銀行カードローン
審査
時間
WEB完結
も対応可能
最短30分審査回答
WEB完結
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台 約600台
瞬フリ
サービス

詳細
専業主婦
借入
実質年利 4.5%~17.8% 1.8%~14.6%
無利息
期間
30日間あり※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり
・口座不要で可能
・提携ATM手数料0円

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式HPをご確認ください。※3 契約完了後

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のスペック

土日祝日、24時間いつでも申込みや最短10秒で振込融資をしてもらえるサービスです。プロミス指定の三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を保有し登録が必要となります。時間がない時や急いでいる時でも便利に活用することが出来ます。

融資まで最短1時間も可能

プロミスは審査回答が最短30分、融資まで最短1時間と早いことが評判です。インターネットからの申込みは24時間いつでも可能で、9:00~22:00まで自動契約機は営業しているのでカード受取だけ契約機で行うと深夜でも即日融資が可能となります。(自動契約機の営業時間は一部21時)

上限金利が低く無利息サービスあり

プロミスの金利は4.5%~17.8%。上限金利は業界トップクラスの低さです。新規申し込みは多くが上限金利で設定されるので、初めは上限金利で比較するのがオススメです。また、プロミスは30日間無利息サービスも実施しており、メールアドレス・WEB明細登録することで、初回出金の翌日から30日間無利息となります。借入だけではなく返済までしっかり計画をたてることが出来るので、無理のない利用が出来ます。

振込キャッシングならカード発行不要

プロミスは口座振替のみでの対応となりますが、ローン専用カードの発行不要でキャッシングすることが出来ます。対応する金融機関は三井住友や東京UFJ銀行・信用金庫や地方銀行を合わせ200行以上となります。キャッシングサービスを利用するために口座開設をする必要がないので、イオン銀行カードローンで増額をするよりも早くキャッシングサービスを活用することが出来ます。

楽天スーパーローンの増額検討中。よく楽天スーパーローンを利用しているので、お金が足りない時やちょっと借り入れしたい時によはよく利用するようにしています。また今後はどうしても大きな額の融資が必要になるだろうと感じていたので増額を検討するようになりました。楽天スーパーローンは無理ない範囲で活用することができるし、やはり金利が低いので安心できます。増額した後、融資を受けても金利が低いので返済時の負担も軽減できますし、何かと便利だと思い、楽天スーパーローンの増額を検討することにしました。収入証明書が申し込みをする際には必要になり、新規発行時と同じように審査もあるので手続き内容や必要な書類については事前にしっかりと確認しておくことにしました。やはりスムーズな手続きができるよう準備しておくことは大事ですし、慌てず正確な申し込みをすることで手間を省くことができます。ミスがないように申し込みをすることで無駄を省くことができますし、大事なことです。楽天カードローンを増額したい場合にはどうすればよいのでしょうか。どの場合でも手続きを行わなければならないという点に注意が必要です。クレジットカードの場合、自動的にショッピング枠が大きくなることがありますが、楽天カードローンの場合には、これはないと思っておいた方が良いです。ですから、増額をしたいと思ったのなら、自分で申請をしなければなりません。自動的には変わらないという点に注意しましょう。手続きさえすれば誰でもできるものではありません。審査があるからです。この審査は、基本的には最初に申込みをしたときの審査と変わりはありません。ですから、自分自身の環境が全く変わっていない場合、審査によって決まる借入限度額に変化はありませんから、申し込む手続きをするのは無駄としか言いようがありません。しかし、たいていの人は同じ環境ではありません。たとえば、ここ最近の好景気によって給料の上がった人もいるでしょう。このような人の場合、増額の申請をすると受理される可能性は高いです。契約時に他の借り入れがあり、現在はすでに完済していれば、可能性は高いです。借り入れがあれば、その分だけ借入限度額は小さくなります。それが解消されれば大きくできる可能性が高くなるわけです。とくに何も変化していないと思っている人でも、利用していたのなら利用実績に変化が生じます。利用実績を積むと、その分だけ有利になりますから、申請をすれば受理される可能性は高くなるのです。口座開設の手続きが完了したのが昨日で、そして今日申請しても実績はほとんどありませんからやめておいた方が良いです。では、どれくらいの期間の実績があれば良いのかというと、半年くらいは必要だと思っておいた方が良いです。この実績についても言えることです、前提としてはきちんと返済していなければなりません。返済していなければそれは実績として認められません。他の場合でも同じで、滞納したことのある人なら却下される可能性は高くなります。何ヶ月にもわたって滞納した場合にはブラックリストに載ってしまう可能性がありますから注意が必要です。そうなると、どこからも借りることができなくなります。楽天カードローン以外のカードローンに申込みをしても審査に落とされる可能性が高くなるのです。ブラックリストに載る条件は、だいたい3ヶ月です。3ヶ月くらい滞納を続けると他からも借りられなくなると考えておくべきでしょう。ブラックリストというのは俗称で、実際にはこのようなリスクがあるのではなくて、信用情報機関がその役割を担っています。3ヶ月くらい滞納が続くと、その情報が信用情報機関に記録されます。他のローンに申込みをしたときには審査を行いますが、この審査のときに信用情報機関の情報をオファーします。そして、そこに滞納の記録があれば審査に落とすわけです。頭の良い人なら、ほんの少し滞納したくらいなら問題ないと考えるのではないでしょうか。これは正しくて、信用情報機関に登録されていない状態であれば、他の金融機関が滞納の事実を知ることはできません。それを考えれば、他の金融機関に申し込んで、新たに借り入れをするというのは良い方補です。この場合、現在は契約している金利よりも低くなることもあります。その場合、借り入れ先を増やすよりも、完全に乗り換えてしまうのも良い方法です。銀行にも様々なものがありますから、楽天カードローンから乗り換えて新たに借りることができるケースもあります。このようにすればお金を寄り多く借りることができるのですが、手続きは面倒です。できれば楽天銀行で増額ができるように、普段から遅れないように心がけましょう。


 

 

 


このページの先頭へ