au|料金支払いの滞納は危険!ブラックリストになる前の対策法

Fotolia_87953954_S

auのスマートフォン、携帯電話料金を滞納している、もしくは滞納しかかっていて困っていませんか?

実は、auのスマホ・携帯電話は、滞納すると強制解約になってしまうリスクがあるのです。強制解約になると、その料金が支払われるまではauを再び使うことはできません。携帯電話やスマホがなければ、現代の生活ではとても困ってしまいますよね。そして、何より困ることに、auのスマホ料金を滞納してしまったら、信用情報に傷がついてしまうのです。

信用情報とは、個人の社会的信用が記録されたデータベースです。すべての金融機関とつながっており、個人が借り入れしたり、分割で何かを購入したりした記録などが、すべて記載されています。その信用情報が、ブラックになってしまうのです。ブラックとは、信用情報に、異動情報という名の、延滞記録がつくことです。順調に返済している分には問題ないのですが、延滞が続くと、延滞記録がついてしまいます。そうなると、異動情報に情報が移り、信用情報がブラックリストに載ってしまうのです。正確にはブラックリストというリストはないのですが、この信用情報に傷がつくと、他の金融機関から借り入れができなくなってしまいます。すべての金融機関がこの信用情報を参照できるため、金融機関はまず、借り入れなどの申込があった際に、申込情報を元に、信用情報を照会します。そこで、傷がついていると、問答無用で次の借り入れはできないとNGを出されてしまうのです。

そのため、たとえば住宅ローンなども組むことができなくなります。家を買うときには住宅ローンを組むことがほとんどだと思いますが、その住宅ローンが、信用情報に審査でひっかかってしまって、借り入れできなくなるのです。また、オートローンにも通りませんので、車も買うことができません。自宅や車は、現金一括で買うか、諦めるかしかなくなります。
これは大変なことです。家を買えないとなると、結婚にもひびきますし、一生の問題になってしまいます。auの電話代を滞納したばっかりに、ブラックリストに載ってしまい、自宅を買えなくなってしまうなんて、悲劇だと思いませんか?auの滞納は、ただ強制解約になるだけではないのです。分割払いで本体を買っていると思いますが、その分割情報が、信用情報に登録されているため、分割を延滞したことによって、ブラックリストに載ってしまうのです。そうなる前に、支払いをしなければなりません。

どうしてもau料金の滞納したお金がない場合はどうしたらいい?

なんとしてもブラックリストに掲載されてしまう前に、auの滞納している代金を支払う必要があります。でも、もしかしたら、お金がないと思っていませんか?そんな場合は、カードローンを使うという手があります。カードローンでキャッシングして、当座のお金を手にして、auの滞納してる代金を支払うのです。

カードローンと聞くと、抵抗があるかもしれませんが、実は多くの人がカードローンを使っています。そして、カードローンの返済であれば、リボ払いが効くので、auの代金のように、いついつまでに一括で、待ったなしで支払ってくださいというようなことがないのです。リボ払い、怖いと思いますか?実はリボ払いには特徴があって、コツを抑えることで、上手に返済できるのです。

そのコツとは、リボを最低料金にして、毎月5000円とかの最低額を支払うのです。たとえば、手元に毎月7000円しか余裕がないのに、滞納しているauの代金が10000円だとして、カードローンのキャッシングで10000円借り入れるとします。そしてauの代金を支払います。そうなると、次はカードローンに10000円を返すことになります。その10000円がないわけなのですが、カードローンのリボ払いをうまくつかって、毎月の返済を3000円にします。そして、手元で残金4000円を貯金するのです。3ヶ月もすれば、12000円が貯まりますので、そこで一気にカードローンの繰り上げ返済を行います。こうすることによって、いつまでもカードローンの返済が終わらないという悪循環から抜け出すことができます。ポイントは、一括返済、繰り上げ返済です。

手元で貯金すると、何かと強い意志が必要なのですが、そこは必ず完済するんだという強い意志を持って、手元貯金に励んで下さい。カードローンを滞納してしまうと、結局は信用情報が傷ついてしまいます。auで滞納するよりも面倒なことになりかねませんし、どちらにせよ延滞することによって、信用情報はブラックリストに載ってしまいます。そのため、リボ払いを上手に使って、完済していくことが重要になります。カードローンを使えば、生活費が足りないときは余計にお金を借りることもできますので、安心につながります。

ただし、滞納は3ヶ月までに支払おう

ただし、信用情報ですが、3ヶ月の延滞でブラックリストに掲載されてしまいます。そのため、auの電話代を滞納したと思ったら、必ず3ヶ月以内にカードローンを借りるようにしてください。でないと、ブラックリストに載っているので、カードローン自体が借り入れできなくなってしまいます。

カードローンは、金利が高いと思っていませんか。カードローンの金利は意外と高くないのです。18%前後のところもありますが、それは消費者金融系です。銀行系カードローンの場合は金利は下がります。しかし金利は安くなりますが借入金額が多くなくて短期間で返済するなら変わりません。

もし例えばプロミスのようなキャッシングサービスで30.000円をキャッシングした場合、1回返済だと利息はたったの500円ほどです。もし3回返済した場合でも利息は約8~900円ほどです。銀行系カードローンは審査が通り難いこともありますが金利が安いのでさらに利息は低くなります。三菱東京UFJ銀行カードローンは年利14.6%なので下記のように1回返済だと368円、3回返済だと732円となります。

無理なく返済できる範囲で借り入れが可能ですので、ぜひカードローンを借りてみて下さい。もしも緊急で、今すぐauの代金を支払わないと、電話が停止されてしまう、もしくは強制解約されてしまうことがすぐ近いと感じているのであれば、今すぐカードローンにかけこんで、できるだけ金利の安いカードローンを契約してみて下さい。くれぐれも、3ヶ月以上、放置しないようにしてください。3ヶ月の滞納をするとブラックリストに載ってしまいますので、カードローンに頼ることすらできなくなってしまいます。その前に、いちはやくカードローンを利用して、ピンチを乗り切って下さい。上手に活用すれば、カードローンは怖いものではありません。

あとはいつまでにお金が必要なのかポイントです。今すぐに必要な人はプロミスがオススメです。詳しくは「今日中にキャッシングできるのはどこ?」にも記載していますが即日キャッシングしたい場合は自動契約書でカード発行するのがもっともスピーディな方法です。WEB審査申込みから焼く1時間30分~2時間ぐらいの所要時間で融資できる場合が多いです。そして初回1ヶ月間は無利息サービスがあるのでぜひ活用しましょう。

まとめ:auの滞納には、カードローンでうまく対処を!

延滞も3ヶ月を過ぎると、ブラックリストに載ってしまって深刻なピンチに陥ります。信用情報に傷がつくと、将来、家を買うときに住宅ローンが組めない!自動車が買えない!なんてことになります。それはどうしても避けたいですよね。また、携帯電話が止められるのも、生活に支障をきたしてしまいます。それを防ぐためにも、携帯電話の支払いを、カードローンのキャッシングで補ってみましょう。カードローンは思ったよりも怖くありません。キャッシングのリボ払いは、上手に使えば、繰り上げ返済や一括返済をうまく使うことによって、早期に完済が可能です。auの滞納を放置しておくよりも、カードローンで借り入れて返済したほうが、よほど将来的に困ることがなくなります。緊急事態には、カードローンで対処しましょう。今、困っているならば、ぜひ使ってみて下さい。上手に活用して、ブラックリストを避けましょう。

スマホや携帯の使用料金を滞納して利用停止になってしまうとキャッシングさえ出来なくなるのは非常に厄介ですよね。ぜひキャッシングを上手く活用してみてください。

大手3サービスのキャッシングを比較すると

プロミス
200*200
来店
不要
WEB完結も可能
最短30分審査回答
女性専用
窓口
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台
実質
年利
4.5%~17.8%
専業主婦
借入
無利息
期間
30日間あり※2

特徴 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり※2

※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスなら即日キャッシングOK!無利息も活用!

200*200

もし三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちのお客さまなら、24時間最短10秒でお客さまの口座へ瞬時にお振込みする「瞬フリ」をご利用いただけます。

プロミス・レディースキャッシングはこちら

auの携帯電話料金を万が一滞納してしまった場合の流れやデメリットについてご案内させて頂きます。auさんの携帯料金の支払い方法は主に口座振替・クレジットカード決済になっておりますが、期日の入金に間に合わなく料金を滞納してしまった場合は先ずコンビニ払い用のハガキが届きます。口座振替の再引き落としは無いのですが、こちらでの支払いをしていれば基本的には利用停止にはなりません。しかし支払いが完了していない場合auwalletやかんたん決済等の一部サービスが利用出来ない事もあるようです。またiPhone等の高額端末への機種変更時、分解払いの審査に落ちてしまう場合があります。この場合は一括での支払いで機種変更は可能になる事が多いですが、滞納分の支払いが済んでいない場合は審査NGとなる場合もありますので注意が必要です。また複数ヶ月滞納を続けた場合、携帯電話自体は使えませんが基本料金は発生し続けているので金額が大きくなってしまうので注意して下さい。複数ヶ月滞納が続くと強制解約となってしまう事もあり、この場合は契約にもよりますが途中解約となり違約金が発生したり端末代金の残債一括請求を受けてしまいます。auで契約しているスマホや携帯の使用料金を滞納する前の対応策をここではご紹介します。auの支払期日は毎月25日です。そして使用料金を払えなかった場合は翌月10日に利用停止になります。そして使用料金を滞納するとどうなるのか?最悪の場合、信用情報機関CICに「滞納した」と記録されます。簡単に言うとブラックリストとなり5年間はクレジットカードやローンの利用停止、そして新しいスマホや携帯電話の新規契約ができなくなります。これは非常に危険が状況だということをまずご理解ください。そのためにもまずは滞納しない!ということが原則です。でもどうしても支払えない時もあると思います。その時は一時しのぎにはなりますがキャッシングを利用して滞納だけは免れるという対応策です。


 

 

 


このページの先頭へ