キャッシングと信用情報機関について

お金を借りるということは、「信用」することが第一にあります。
誰かにお金を貸す、物を貸す時も「信用できるか?」が決定するポイントになりますよね。
キャッシングの場合、見ず知らずの方へお金を貸すことになるので日常生活での貸し借りとは異なります。

そこで信用を確かめるために必要なのが、信用情報機関です。

「信用情報機関って?」

これまでにクレジットカードやローンなどで利用した履歴、現在の借入状況や返済状況を全て記録しておく機関です。
一度でもカード払いやローン利用をした方は、この信用情報機関へ記録されています。
その際に申込み用紙へ記入した情報(名前、住所、生年月日、電話番号、勤務先)なども全て記録されています。

日本では3つの信用情報機関がありますが、金融機関はそれぞれに加盟しており、キャッシング利用などをする事でここで管理されている情報を照会して審査を行ないます。

3つの信用情報機関に記録されている情報は、全て共有されているので加盟していない別のキャッシングサービスを利用しても、問題点はバレてしまいます。

キャッシングの利用をする際、申込み用紙へ記入します。この時に細かい情報も記載しなくてはいけません。

・現在の借入額
・現在の借入社数
・勤務先など

申込み時にはもちろんごまかして書くことも出来ます。
審査に少しでも通るために、ウソの申込みをする方も中にはおり、審査結果はよくないケースがよくあります。

その原因がキャッシングと信用情報機関の繋がりがあるという事です。

利用者の申込み情報を元に、キャッシングサービスでは信用情報機関へ照会を行ないます。
ここで食い違った記載内容、情報に不信感が生まれ本人確認が行なわれます。

キャッシングの利用は信用が第一なので、申込み情報と食い違っていると信用度は一気に低下してしまいますので、絶対にウソだけは止めましょう。

また信用情報機関では、過去や現在の借入額などだけではなく、申込みした回数や審査落ちした回数なども全て記録されています。

一度に何社へも申込み、直近で複数社へ申込みをしているなど。
お金に相当困っていて返済の見込みがないかもと判断されてしまうと、厳しい審査結果となることがあります。

また過去にカード払いやローンの延滞を行なった経験がある方。
信用情報機関によって異なりますが、およそ3ヶ月間、記録が残ることが多いです。
延滞などは事故記録とされることがあり、審査ポイントの対象にもなります。

債務整理を行なった過去があるなら、最長5年間は記録されます。
破産申告の場合は最長10年間の記録と言われているので、過去と現在の利用実績は信用できるか、自分でも確認してみることをおススメします。


 

 

 


このページの先頭へ