初めてお金借りる時の融資限度額

貸金業者(消費者金融や信販会社)では、総量規制により「年収の1/3以内」と定められています。
そのため、借入限度額は申込者本人の年収によって異なります。

銀行系カードローンサービスは、総量規制の対象外となります。
年収の1/3以上でも借りることが出来ます。
また無収入の専業主婦でも申込み、借入をする事ができます。
配偶者の年収で申込みを行い、専業主婦に限り利用限度額は上限が定められています。

初めてカードローンサービスを利用する際、申込み時に利用限度額を記入する項目があります。

「貸金業者の限度額」

最高500万円までが多いです。

「銀行系カードローンの利用限度額」

最高800万円~1千万円が多いです。

このようにどちらのカードローンサービスも、最高上限額が高いんです。
ただ申し込み時は利用限度額も審査の対象となりますので、注意が必要です。

「初回の利用限度額は最低限で!」

初めての申込みから、利用限度額を上限ギリギリに設定すると、審査もそれなりに厳しく見られるため、悪い結果になってしまうこともあります。

お金を借りる目的、借りたい額はどれくらいか?をしっかり把握しておきましょう。
そして申し込み時の利用限度額は、借りたい額のギリギリで申込みするのがおススメです。

申込みを行なった後、利用実績などによって増額する事も可能です。増額では再度、審査が行なわれますが場合によって限度額を引き上げることも可能です。

お金を貸すのは信頼が第一とされますので、初めから高額融資を請求したり、これまでや現在の利用実績があまり良くない場合は信頼度が落ちると考えた方がよいでしょう。

もし今後、カードローンを利用する上で利用限度額を引き上げる予定であれば「銀行系カードローン」がおススメです。
最高限度額が高いため、利用を何度も行い信頼度を高める事で高額融資も可能です。
一気に限度額をアップする事は難しいですが、少なからず半年ほどの利用実績があれば、増額の申込みも可能です。
また金利も低い設定なので、まとまったお金を借りたときも安心ですよ。

貸金業者も銀行系カードローンも、どちらにせよ利用目的は「生計費に限る」なら特に定めはありません。
例えば給料日前の急な出費、欲しい家具がある、教育資金などそれぞれ生活する上で必要なお金の借り方が出来ます。

あとから増額申込み、もしくは別のカードローンサービスを利用す事も出来るので、初めてお金を借りるなら、利用限度額は最低限で申込みする事です!


 

 

 


このページの先頭へ