キャッシングの審査で重要視されること

キャッシングの審査では、しっかり返済してくれるか?を重要視されます。
申込者の属性により審査が行なわれていきます。
属性とは生年月日や電話番号、年収や勤続年数など細かい個人情報部分です。

「本人情報」

申込み時には本人情報である、氏名や電話番号、住所などを記載します。審査で最も見られるのがこちらです。

・生年月日
・家族構成
・電話番号

申込み条件からそれていれば、年齢によって借入することができません。
また家族構成は「独身<既婚者」である方が、審査にはメリットとなります。
家族が増えることで、もし利用者本人が返済ができない状況でも、他の家族が助けてくれるというように判断される事があります。
逆の考えとして、出産や教育費などでお金が掛かるため、審査に影響してしまう事もあります。

電話番号は携帯電話のみじゃなく、固定電話がある方が信頼度が高く評価されます。

「自宅情報」

自宅情報では、住居形態など細かい部分を確認されます。

・住居形態
・居住年数

住居形態は「持家(本人名義)」が一番 信頼度が高く、賃貸だと属性としては低いです。
また居住年数も長ければ長いほど安定感があると信頼されます。
引っ越してすぐなど居住年数が短いと属性としては低くなる可能性があります。
転勤して居住年数が日が浅い場合もありますが、こちらはキャッシングサービスの対応によって異なります。

「勤務先情報」

キャッシングの審査では、勤務先の情報が重要視されます。

・年収
・雇用形態
・勤務年数
・保険所の種類

最も重要視されるのが、この4つ。返済に関係する項目になるので、お金を借りたいのであれば安心感が与える勤務先情報へと整えておきましょう。

特に雇用形態です。大手キャッシングサービスでは、パートやアルバイトでも申込みが可能とされていますが、やはり属性としては正規雇用者の方が安定してると判断されます。

以上はキャッシングの属性審査になります。
それ以外で気をつけてほしいのが「ウソの申告」です。
ウソの申告は信用度を一気に下げる原因になってしまいます。

申込み記入はウソを書いてもバレないと思われる方も多く、実際に偽装申込みをする方もおります。
本審査では信用情報機関にて、これまでの利用履歴や現在の借入状況などを確認します。
そのためすぐにウソを付いていることは、審査でバレてしまうんです!

キャッシングの審査で最も重要視されるのは、信用できる人か?になるので、どんなに属性に優れていたとしてもウソを一つ付いただけで信用が落ちてしまうので注意しましょう。


 

 

 


このページの先頭へ