他社借入でも即日融資は可能か?

まとまったお金を作るのはとても大変です。
毎月の給料だけでは足りない時って、必ずありますよね?

現在、他社からの借入を行なっている中で、新規で別キャッシングサービスの利用を考えている方もいるでしょう。

貸金業法の改正により、総量規制が法案で決まりました。
借入総額が年収の3分の1以下までしか借りることが出来ません!

ただしこれは貸金業者(消費者金融や信販会社など)にのみ適用され、銀行系のカードローン会社は総量規制対象外となります。

即日融資も可能な貸金業者では、他社からの借入総額が年収の3分の1以下であれば、申込みが可能です。
申し込み時間帯によっては、即日融資も可能です。

銀行系のカードローンは、指定した銀行口座を開設しているなど条件次第で、即日融資も可能です。
必ずしも当行口座の開設は必要とすることがなく、口座開設をしていなければ、即日審査なら可能としていることが多いです。

今すぐお金が必要なら、「他社からの借入額を確認」しておきましょう!

即日融資を希望するなら、早い段階で申込みをしましょう。
大手キャッシングサービスではWEB契約を取り扱っています。
来店不要で申込み~融資まで全て、インターネットで取引する事が出来るので便利です。
1分でも早くお金を借りたいなら、WEB契約がおススメです。

即日融資も可能な貸金業者では、土日祝日もその日に審査や融資も行なってくれます。
ただし申し込み時間帯は、出来るだけ午前中にしましょう!
自動契約機などを利用するので、営業時間に間に合わせて契約完了をする必要があります。

土日祝日の即日融資の場合、カード受取りを行なう必要があります。
カード受取りは自動契約機で契約完了をすれば、すぐに発行してもらえます。
提携ATMなど、お近くのコンビニでお金を引き出す事ができます。
即日融資を希望するなら気をつけてほしいのが、「他社からの借入額をごまかす」行動をしないことです!
申込み時に現在の借入額を記入する欄がありますが、ここでウソを記入すると審査で躓いてしまいます。
審査では信用情報機関で照会するため、ウソの情報も全て見透かされてしまいます。

審査落ちは事故記録としても残るので、次の申込みへ影響する可能性もあります。
今すぐお金が必要なら、とにかくウソを付かない事!

そして貸金業者なら早めに申込みをする事。
銀行系カードローンを利用するなら、当行口座を開設しておけば即日融資も可能です。


 

 

 


このページの先頭へ