仮審査と本審査の違い

カードローンを利用するにあたり、必ず避けて通れないのが審査です。
審査には2つ(仮審査と本審査)があります。

申込者本人に返済能力があるのか、信頼できる人かをこの2つの審査で判断されます。

仮審査:機械
本審査:人間

審査方法は主にこのように行なわれます。

「仮審査」

仮審査は簡単な申込者の情報を元に、大雑把に信頼できる人かを判断します。
審査を行なうのはカードローンサービスを提供している会社です。
(プロミスやバンクイックなど)

仮審査は申し込み前に行なう事前診断なため、仮審査に受かったからと言って、本審査に必ず通過するとは限りません!

・年齢
・勤続年数
・年収
・他社からの借入状況

主にこの4つを問われ、機械で審査判断されます。
コンピューターの中の仮審査基準に通過すれば、申込み可能などと判断されます。
ほとんどの方が仮審査に通過すると噂されていますが、申込み条件と一致していない(年齢、他社からの借入額が多いなど)場合は、仮審査でも落とされることがあります。

仮審査は時間を問わず利用でき、特にインターネットからの利用は数秒で結果が表示されます。

「本審査」

本審査は申込者本人が申し込みじに記入した情報、信用情報機関にて照会を行い、人の手によってそれぞれ審査を行ないます。
審査を行なうのはカードローンを保障している保障会社です。

仮審査と違うのは人の手、細かい情報を元に正確な審査を行なっていきます。
本審査を通過すれば契約となるため、カードローンサービス側も「本当に信頼できる人か?」を徹底的に審査します。

カードローンの審査は属性審査となるため、年収、居住年数、家族構成などさまざまな視点が審査対象となります。

審査基準は各カードローンサービスによって異なります。
これくらいの年収、勤続年数だから良い結果になるとは限らないのです!

本審査で気をつけて欲しいのか「ウソの記載」です。
本当は審査基準をクリアしているのに、ウソの記載により全てが真っ白になってしまうことがあります。
ウソは信頼をゼロにしてしまうので、絶対に行なってはいけません。

審査基準は各カードローン会社によって異なります。
本審査の場合、保障会社が審査を行なうため、申込みするカードローンサービスによっては、同じ審査結果となる可能性があります。
利用するなら保障会社の異なる、別のカードローンサービスを利用する事です。

本審査で融資可能と判断されると、そこから初めて金利や利用限度額が決定されます。


 

 

 


このページの先頭へ