カードローンの本人確認書類とは?

カードローンの申込み時、本人を確認するための書類を提出する必要があります。

「本人確認書類の提出」

・運転免許書

所持していなければ

・健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書
・公的証明書
・公共料金の領収書(NTT、電気、水道、NHK)
・住民票の写し
・印鑑証明書

いずれかの本人確認書類の提出となります。
本人確認書類には、現在の住所が記載されている事が大事です。
公共料金の領収書も、本人名義でないものは認められません!

「収入証明書の提出」

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書

いずれかの収入証明書の提出となります。

給与明細書などは、直近2か月分必要になることもあるので、利用するカードローンの申込み条件を確認しましょう。
また手書きによる給与明細書などは、勤務先の社印などが必要となります。

収入証明書の提出は、利用限度額によって異なります。

「総量規制の対象となるカードローンの場合」

・利用限度額が50万円以上
・総借入額が100万円以上

「総量規制対象外となるカードローンの場合」

・利用限度額が100万~200万円以下

総量規制対象外となる銀行カードローンは、各銀行で定めた利用限度額に応じて収入証明書の提出が不要とされています。

ただし利用限度額に関係なく、審査の状況により収入証明書の提出を求められる可能性があります。
万が一に備えて準備をしておくのも大切です。

本人確認書類、収入証明書の提出は3つの方法があります。

・窓口
・インターネット
・郵送

郵送による提出は、確認するまで時間が取られるので契約まで時間が必要となります。

一部カードローンではWEB完結できるため、急いでお金を借りたい方や誰にも見られずにお金を借りたい方はインターネットによる提出がおススメです。
(プロミスなど)

インターネットから必要書類の提出は、カメラで撮影し画像データを指定するアプリやメールアドレスなどへ送信します。
Fax送信など、各カードローンサービスによって送信方法が異なりますが、インターネットで全て完結できるため時間も手間も掛けずに利用できます。

インターネットからの書類提出で気をつけて欲しいのが、ピンボケした画像です。
金融機関側で確認する事が出来ない画像は、再度提出をお願いされます。

せっかく即日融資に間に合わせるため、申込みを早めても再提出などで時間を取られてしまっては意味がないので気をつけましょう。


 

 

 


このページの先頭へ