キャッシング利用で担保・保証人が必要?

“A.一部を除き多くの金融会社では“担保・保証人不要”です。

消費者金融のほとんどでは、キャッシングの際の担保・保証人を不要としております。
借金すると言えば保証人を探し、もしも借入した本人が返済出来ない時に代わりに支払ってもらわなければなりません。
そのため「保証人お願いできる?」などと言われると、あまり良い返事は出来ないですよね。
たとえ仲の良い友達であれ家族であれ、保証人になると言う事は相当の覚悟が必要です。
信用し切っている間柄でも、お金が絡むとトラブルに発展してしまうケースが多いんです。
友達との関係、家族との関係の崩れの多くは、お金によるトラブルが多いと言われています。

消費者金融などのキャッシングは、小口融資なので担保・保証人は不要としています。
審査の際に年収や職種、これまでの利用履歴などを融資会社側は個人信用情報機関へ照会し、
キャッシング限度額を決めます。

初めての利用で融資会社が定める最高融資額になる事はほとんどありません。
融資会社側も担保・保証人を不要としておりますし、返済出来る能力があるとしても、
初めから全て信用出来るわけではないんです。
今後の取引状況を見て、利用限度額の増額は可能です。”


 

 

 


このページの先頭へ