総量規制ってカードローン利用の際に気をつけるべき?

“A.消費者金融は“総量規制対象”となります。

そもそも「総量規制」とは何かご存知ですか?

融資の契約では、大きく分けて4つの種類に分類されます。

・個人向け貸付け
・個人向け保証
・法人向け貸付け
・法人向け保証

総量規制の対象となるのが「個人向けの貸付け」です。
個人が自分の趣味や家計費の足しに利用するカードローン、事業資金以外の利用目的とした際の契約ですね!
個人向けの貸付けの際、総量規制といって【年収の3分の1までの借入総額】の規制があります。

個人への貸付けを行っている小口融資の消費者金融。
こちらでのカードローンは総量規制の対象となります。

ただし銀行でのローンは総量規制の対象外になるんです!

銀行のサービスにあるフリーローン、カードローンとよく似たサービスになります。
フリーローンもカードローンと同じく、事業資金以外なら利用は基本的に何でも大丈夫です。
しかし追加で融資を希望するしたり、気軽にその日の内に申込みから融資まで即日利用は、少し難しくなってきます。
フリーローンは目的別ローン(ブライダル、住宅など)の利用と考えると、カードローンとの違いがわかりやすいですよ。”


 

 

 


このページの先頭へ