風俗関係の仕事とキャッシングの審査

キャッシング会社が行う審査とは、申し込んだ人の属性によって殆ど決まります。属性とは、年収や勤務先の会社の規模、他社からの借り入れ状況など、その人の返済能力や経済力、それに信用力などに関係している個人情報のことです。ですから他社からの借り入れがゼロで、一流企業に長年勤務している高給取りの人ほど、属性が高いと判断されて審査に通る可能性は高くなるのです。逆に、不定期なアルバイトによって乏しい収入を得て、安アパートで貧乏暮らしをしている人ほど属性は低いと判断されてしまいます。そして、審査に落ちる可能性は高くなってしまうのです。それでは、風俗関係の仕事をしている人がキャッシングに申し込むと、会社からはどう判断されるのでしょうか。残念ながら風俗関係の仕事は、一つの職業として雇用が安定しているとは言えない傾向が強いです。したがって、一般サラリーマンやOLなどよりも属性は低いと判断されてしまう可能性が高くなると考えられます。もちろん、実際の審査は仕事内容や勤務先だけで判断されるわけではありませんので、風俗関係ではキャッシングには不利になるとは一概には断言できません。ただ、一般的な傾向として言えることは、やはり勤務先の会社や毎月の収入などは安定しているほうが有利であることは間違いありません。


 

 

 


このページの先頭へ