水商売でキャッシングを利用する

水商売をしていて、様々な場面でお金が必要になる事があります。急な出費が生じた時に役立つのが、キャッシングサービスです。貸金業法の下で事業を行っている消費者金融会社や信販会社が個人に対して融資を行うサービスであり、現代人の多くが利用しています。水商売の人々がキャッシングを利用する事は可能であり、満20歳以上で収入が毎月あるという条件にマッチしています。キャッシングを利用する際に押さえておくべきポイントは、金利や限度額です。貸金業法改正が行われてから、総量規制と呼ばれる制度が出来ましたので、融資を受けられる限度額の総計が年収の3分の1までとなっています。その為、現在、複数の金融会社から融資を受けていて、年収の3分の1を超えそうな場合には審査を通過出来ない恐れがあります。金利は、融資を受けた金額によって変動したり、借りた金融会社によって異なりますので、返済をスムーズに行いたいのであれば、金利の低い金融会社を選択するのが良いでしょう。複数の金融会社で融資を受ける場合には、総量規制に注意しておくと良いです。消費者金融会社は、大手であるほど、利便性の高いサービスを提供していますので、問い合わせや各種手続きをスムーズに行いたい時には、大手から借りるようにしておくと便利です。


 

 

 


このページの先頭へ