中絶手術の費用は分割できる?払えない場合の対処方法

予期せぬ妊娠、どうしても育てることが出来ない妊娠。さまざまな状態で授かった命、これからどうするべきか一人で悩んでいませんか?中絶費用が払えないと悩む前に、母体のためにもこれからどうするべきか早めに決断しておかなくてはいけないことを知ってきましょう。

妊娠週数 中絶可否 詳細
妊娠0~3週 ? 赤ちゃんの心拍確認が出来ない事が多いため。
妊娠4~7週 妊娠状況により中絶を行います。
妊娠8~11週 母体を考えるとこの期間での中絶手術を考えなくてはいけません。
妊娠12~22週未満 出産同様の手術。死亡届が必要になることあり。
妊娠22週以上 ? 妊婦側から中絶申し出による手術は、法律に認められていません。


遅くなるほど母体に負担が掛かってしまい、次に妊娠するのが難しい体になってしまう可能性があるということを覚えておきましょう。中絶費用のお金がない、払えないよりも、今後の体を再優先に考えて行動しなければ後悔してしまう事になるのです。妊娠12週目未満の中絶手術と、妊娠12週目~21週6日までの中絶手術の費用が変わってきます。

赤ちゃんが大きくなると中絶費用も高くなります

妊娠3ヶ月目(妊娠11週6日目)までは初期中絶となり、妊娠6ヶ月(妊娠21週6日まで)は中期中絶と分けられます。一般的に母体への負担も考えられるため、医師からは妊娠3ヶ月目までに中絶の有無を聞かれます。妊娠12週目以降は出産と同じスタイルとなり薬により陣痛を起こすのですが、強い痛みを伴い母体も精神面も辛いのでオススメしません。中絶後は死亡届や供養などが必要となります。

■中絶費用に掛かる費用

初診費用 約1万円~
手術前検査費 約1万円~
初期中絶
(妊娠11週6日まで)
10万~15万円程
中期中絶
(妊娠21週6日まで)
20万~30万円程
術後の健診・薬代 約1万円程


中絶費用は手術費だけではなく、初診で行う内診、尿検査、血圧測定、エコーなどの費用も支払います。手術には5~10分程度かかり、術後は1~2日の安静と薬の服用が必要となります。初期中絶の場合、基本的には日帰り入院です。人工中絶後は体への負担から、場合によっては術後のケアが必要となるためカウンセリング料が必要となる場合もあります。いずれも保険適用外のため全額自己負担です。支払いは受診毎、手術費は一括で当日支払いとなります。中絶手術は妊娠何週目かによって、費用も変わってきますが目安として15万円~30万円前後が必要となります。

もし中絶費用が払えないなら一時的にキャッシング

中絶費用がない、払えないからとそのままには出来ません。どうしてもお金の用意が出来ないなら、一時的にキャッシングサービスの利用を考えてみませんか?返済を分割にすることも出来るので、手元にお金がなくても安心です。

・急な医療費も即日融資で対応
・パートやアルバイトでも申込めます。
・30日間無利息サービスや低金利サービスが活用できる。

キャッシングといえば悪いイメージが強いかもしれませんが、急な出費にも即対応、無利息サービスや利用しやすい金利設定など選ぶキャッシングサービスで異なります。今すぐでも間に合うオススメのキャッシングサービスで、一度、検討してみませんか。

プロミス
200*200
審査
時間
WEB完結
も対応可能
最短30分審査回答
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台
瞬フリ
サービス

詳細
専業主婦
借入
実質年利 4.5%~17.8%
無利息
期間
30日間あり※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式HPをご確認ください。※3 契約完了後※3住宅ローン加入者の特典で、カードローンの金利を年0.5%引き下げ。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。


瞬フリサービスとは?
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座お持ちなら、最短10秒で口座へ振込融資を行なってくれるサービスです。もちろんお金が必要な土日祝日も瞬フリサービスを利用出来ます。その他の銀行口座へも振込融資をしてもらうことは可能ですが、即日融資は申込みに指定時間があります。通常は銀行の営業時間でしか振込融資をしてもらえません。

中絶手術にかかる費用はどれくらいか 「中絶手術とは」さまざまな事情で出産できない女性に対して行う手術です。麻酔をかけて行う手術のため、前日の夜12時以降の飲食はできません。手術ではまず、子宮の入り口に棒を入れて入口を確保してから麻酔をかけて始まります。中絶手術に必要な費用は? ” 中絶手術に必要な費用は安くはありません。中絶手術は平たく言うと親の合意のもと生まれてくるはずの子供1人を殺してしまうことなのですから、命の値段かと考えるとむしろ安すぎるくらいでしょう。 中絶には子供の両親の合意が必要であり、手術の程度によっては日帰りも可能です。ただし、死産であったらその子供の供養が必要となります。中絶手術の費用についてもし、赤ちゃんができてしまって経済的に育てれない、いらないのにできてしまったら中絶手術と言う手段もあります。そこで費用がいくらかかるのかなどを紹介したいとおもいます。中絶が可能な週期は決まっていて、それを過ぎたら体に負担がかかりできなくなってしまいます。妊娠初期に下ろすと考えると、約7万から15万位かかると見ておいたほうがいいでしょう。けして安いものでは、ないのでちゃんと考えてみてください。お金だけでなく、体にも負担がかかるものです。中絶手術の費用は週数によって違う “やむを得ない理由で、授かった命をあきらめなくてはいけない方はたくさんいます。妊娠21週までは、中絶手術によって堕胎が認められていますが、それ以降になるともう出産するしかありません。費用は、妊娠初期なら10万円ほどで、掻把という方法で行われ、日帰りできます。これが中期になると人工的に出産させる形をとり、費用も30万円以上かかります。母体にも多大な負担がかかり、数日間入院することになります。ですから、中絶手術をするなら、大体妊娠9週くらいまでには決断するべきといえるでしょう。中絶手術の費用はどのくらいかかる?中絶手術の費用は、妊娠週数によって異なります。妊娠初期、11週目までの中絶では、「吸引法」や「ソウハ法」により、7~15万円の費用がかかります。「吸引法」は、吸引器で子宮内の組織を吸い出す方法で、「ソウハ法」は、子宮内に大きなスプーン状の器具を入れて、組織を掻き出す方法です。妊娠中期、12週以降は、実際の出産方法、経膣分娩と同様で、陣痛促成剤を点滴して、子宮に収縮を起こさせ、人工的に陣痛を起こして、分娩します。一週間ほどの入院が必要となり、30~50万円と、初期と比較して、費用も上がります。


 

 

 


このページの先頭へ