ドコモ料金の滞納→利用停止→ブラックリスト!その事実と対策とは?

docomo01

かれこれ何年もの間、ドコモを契約している人も多いのではないでしょうか?今回はドコモ料金を滞納してしまっった場合に起こる事実とその起こらないようにする対策をまとめています。新規契約や機種変更から2年以上経ち機種端末の代金は完済していると人と
機種端末の未払いの人の場合では

■ドコモ料金の滞納はどれぐらいの期間セーフなのか?

まず結論から言うと滞納猶予は2~3週間ぐらいです:(;゙゚’ω゚’):
そしてその後、料金お支払いのお願いがメールと葉書で届きます。その指定日までが期限です。
支払い方法によってタイミングは多少異なります。再支払い指定日に完済できない場合、そこから回線が停止します。

<口座振替の場合>

ドコモは月末締めの翌月末日払いです。
末日に残高不足の場合には料金お支払いのお願い(メールと葉書)が届きます。
再振替日は15日になります。
もし当日も残高不足の場合、回線停止。
そこから約1ヶ月後に強制解約となります。

月末から再振替まで15日、
停止まで大体5日ぐらいです。

<クレジットカード払い>

未払いが発覚するとクレジットカード会社から催促(メール・電話・葉書など)
クレジットカード利用を停止される
ドコモから料金お支払いのお願いと利用停止予告書と振込用紙が届きます。
もし指定日までに支払わない場合は回線停止。
そこから約1ヶ月後に強制解約となります。

クレジットカード会社によって期間が異なります。

<請求書払い>

ドコモから料金お支払いのお願いと利用停止予告書と振込用紙が届きます。
もし指定日までに支払わない場合は回線停止。
そこから約1ヶ月後に強制解約となります。

■ドコモ料金の滞納による延滞利息や遅延損害金も発生する?

手数料150円が発生
しかしドコモショップで支払う場合は不要

■滞納はヤバイ!ドコモ以外のスマホも新規契約NGな件

■ドコモ料金を滞納中の人がやるべき!5つの対策方法とは?

ドコモ店頭に行き事情を説明して「支払い日の延期できませんか?」とお願いして「分りました!いいですよ♪」という返答は期待しないほうが良いです。出来る限り早く滞納している料金を払うしかないというのが本音です。しかも滞納料金に分割はありません。一括払いで請求されます。お金がないから滞納しているのに一括請求です。でも仕方ないですよね。滞納しているということは規約違反です。まずは受け入れて対策を考えていきましょう。

滞納料金を支払う対策として大きく分けると「人に借りる」か「金融サービスで借りる」かの2つです。

<人に借りる>
・親に借りる
・友人・彼氏彼女に借りる
・職場で借りる

<金融サービスで借りる>
・クレジットカードで支払う
・カードローンで借りる

この2つですがもしそれほど金額も多くなく借りれる状況であれば人に借りましょう。たしかに恥ずかしい・プライドがあるなどの気持ちも良くわかりますが滞納料金を払わないという選択がない以上、誰かに借りるしか方法がありませんよね。。未払いになりブラックリストに登録されローンやクレジットカード発行できなくなるより得策ではないでしょうか?

それでもどうしても嫌だ!無理だという方は金融サービスで借りることをオススメします。もしクレジットカードがあるならまずは一括払いで滞納料金を精算します。そしてクレジットカードの振替日まで通帳残高を確保しましょう。

そして最終対策はカードローンで借りてそのあと分割して返済していく方法です。クレジットカードにもリボ払いで分割できますが実は金利がとても高いって知っていましたか?リボ払いは気軽に出来るので多くの人利用してますがオススメはしません。もし分割を考えているならカードローンのほうが安いです。

出来るだけ早く復旧したいならドコモショップ

5分程度で復旧も可能。

ドコモの携帯電話の支払いを滞納し続けると、通常の支払い分に合わせて滞納の損害金が加算されます。さらに督促を無視してそのまま滞納を続けるとドコモの携帯電話の利用ができなくなり、強制的に解約させられてしまいます。こうした状況では、携帯電話が使用できなくなるばかりでなく、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうことがあります。機能の充実に伴い、携帯電話の本体価格はとても高額になっていて、大抵の場合は分割にして通話料と一緒に支払っています。これは、ローンを組んで購入しているのと同じ状況なので、ローンの支払いができなくなったとみなされ、信用情報に載ってしまうのです。そのため、カードローンを一度も利用したことがなく、新規で申し込んだとしても審査の際に事故情報が確認されてしまうので、審査に通らなくなってしまいます。携帯電話の支払いとカードローンの審査はまったく無関係ではないので、これからローンを組む予定がある場合は、携帯電話の通話料も滞納しないようにしましょう。


 

 

 


このページの先頭へ