銀行カードローン!オススメはココ!

貸金業者はいろんな会社がありますが、そのなかでも銀行カードローンは他にはないメリットがいくつかあります。

0901

まず他の貸金業者と違い、低金利での利用ができます。たとえば借りやすいと言われている消費者金融のカードローンは、上限金利が18%になることが多く、銀行であると金利は14%台まで低くなります。

毎月返済していかなければならない利息ですので、なるべく低いところを探したいところです。また他にはない銀行ならではの特典もあります。

■総量規制対象外

年収の1/3以上でもお金を借りることが出来ます。

総量規制といって収入の3分の1以上は借りることができないという決まりが消費者金融にはありますが、銀行カードローンはそのような規則がありません。収入の3分の1以上借りてもう消費者金融から借りることができないという場合、銀行カードローンに希望があることになります。

■収入のない専業主婦も申込める

申込者本人に収入がなくても、配偶者に収入があれば銀行カードローンの申込みは出来ます。

主婦の方は収入がなくても旦那さんの収入で借りることができる唯一のカードローンになります。この点も総量規制に引っ掛かっており、専業主婦であれば収入がないので消費者金融から借りることはできませんが、銀行系であればそのチャンスがあります。

配偶者の収入証明書提出を求められる?

16

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、各社の融資条件が異なりますので、必ず「本人に収入がある」という条件ではない銀行カードローンを利用しましょう。
「本人に収入がある」が条件のカードローンの場合、収入ゼロの専業主婦のお申込みをお断りしております。

銀行カードローンによっては、収入ゼロの専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申込みする事も可能です。その際の収入証明書の提出は、利用限度額に応じて不要となります。

また配偶者からの同意書の提出についてですが、大手銀行カードローンの場合、利用限度額に定めがありますが、同意書の提出不要で借りることも出来ます。

専業主婦でも利用限度額が少ないですが、収入証明書や同意書不要。配偶者に内緒でお金を借りることが出来るのです。

銀行カードローンを比較

サービス名 実質年利 限度額 収入証明書
(同意書)
詳細
イオン銀行
3.8%~13.8% 800万円
専業主婦限度額50万円まで
限度額300万円以下
(不要)


 

 

 


このページの先頭へ