【緊急】高校の入学費用が不足!今すぐ借りれるカードローン

高校へ合格したは良いけど、入学金を短期間で支払わなくてはいけない!支払い期限は今から1ヶ月などとても短く、そして高校によって入学金が違うから用意するのが大変ですよね。公立より私立の入学金は高く、軽く十万円単位が飛んでいきます。

それに加えて制服代、体操着、指定内履き、教科書代、定期代・・・と、高校の入学費用に!と用意していたお金はすぐに無くなってしまいます。予定していた高校と違う学校へ入学してしまっても、お金が無いから高校へ諦めて貰うなんてことはしたくありませんね。

高校の入学費用が足りず、どうにも出来ずに悩んでいませんか?

もしも、今すぐお金を必要としているなら今すぐ借りれる「カードローンサービス」を検討してみませんか。

だけどカードローン利用は不安・・・

子供が中学・高校と同時入学だったり、高校入学のために貯めていた費用は予想を超えた出費。入学まで残り数日、期日までに入学金の支払いを済ませなくてはいけないのに、あと5万円足りないなどなど。、両親へ相談することも出来ずどうにもならない状況、実はどの家庭にも多いのです。みんな、恥ずかしくて誰にも相談できないだけです。

実はカードローンサービスの利用率は、3月の時期がグンと伸びています。それは高校の合格発表後、入学費用をどうにかしてでも期日までに支払わなくてはいけないからです!

カードローンサービスは利用条件や申込方法がそれぞれ違いがありますが、大手のカードローンサービスはインターネットからの申込みを24時間受付けています。申し込み時間帯や利用状況により、その日のうちにお金を借りることも可能です。大手カードローンサービスを確認してみましょう。

サービス名 実質年利 限度額 審査時間 詳細
イオン銀行
3.8%~13.8% 800万円 最短即日
プロミス
追加バナー
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
モビット
120x60_夏菜さん_LOOP
3.0%~18.0% 1~800万円 10秒簡易審査
アコム
アコム
3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル
4.5%~18.0% 500万円 最短30分

※1住宅ローン加入者の特典で、カードローンの金利を年0.5%引き下げ。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

なぜ抵抗力の強いカードローンが利用されているのか?

足りない高校の入学費用を、なぜみんなはカードローン利用しているのか?今の時期は子育て家庭の一年の行事で最もお金が必要な時期です。これはどの家庭も共通しており、ボーナスがあれば支払いを当てることが出来ますが、ボーナスなしなら定期的に貯めていたお金で使う事となります。卒業費、入学費が一気に集中するこの時期、足りなくなった費用を今すぐ借りれるカードローンで一時的に借りる方が多いのです。

利用はちょっと・・・、と考えてしまうカードローンですが、間違った利用方法をしない限りとても便利に役立ちます。

融資まで最短1時間も可能

大手カードローンサービスは、インターネットだけで申込み~契約を完結することが出来ます。WEB完結なら来店不要でパソコンやスマホ、携帯電話から利用することが出来るため、誰にもバレないという点も利用しやすさの秘訣です。申込みに必要な入力項目は本人情報、勤務情報、家族や自宅情報などですので、事前に会社の住所や電話番号が分かる書類(健康保険証など)を用意しておくと、時間短縮で申し込み完了することが出来ますよ。

審査回答は最短30分、大手のプロミスは土日祝日の審査も実施しています。お金が必要なのは平日だけじゃなく、土日祝日の場合もあるので助かりますね。早ければ融資まで最短1時間と早いため、とにかく今すぐお金が必要な方に利用されることが多いのです。

必要な書類を用意する手間がない

カードローンの申込みに必要な書類は、基本は運転免許書のみです。(なければ健康保険証かパスポートなど)他に利用限度額に応じて収入証明書などが必要となりますが、初めての利用は限度額がそれほど高くないため、用意しなくても借りることも出来ます。詳しくは→「収入証明書不要でも」

銀行カードローンと消費者金融によって、収入証明書の提出条件が異なります。

【銀行カードローン】限度額200万円までなど不要※銀行が定める
【消費者金融】限度額50万円まで、借入総額100万円まで不要

WEB申込みを行うと手続きに必要な書類を、携帯電話などのカメラ機能で撮影し、データを指定アプリやアドレスへ送信して完了となります。郵送でも受付しておりますが、確認まで時間が必要となるので今すぐお金を借りたいのであればWEB完結で済ませた方が早く終えることが出来ます。

土日祝日でも借りれる

カードローンサービスの営業窓口は平日のみの営業となり、時間も夜18時頃までとそれほど長く営業しておりません。土日祝日にお金を借りたいのであれば、インターネットからの申込みを活用しましょう。土日祝日でも審査を受付している大手カードローンサービスが多く、申し込み時間帯によっては今日中にお金を引き出すことも可能です。

土日祝日に今すぐお金を借りたいのであれば、出来るだけ午前中にWEB申し込みを済ませることです。審査は最短30分ですが、お金を借りるためにカードローン専用カードが必要となるため、自動契約機でカード発行をしなくては行けません!自動契約機の営業時間はプロミスの場合、9:00~22:00(※一部21時)までと長く、事前にWEB申し込みを済ませておくとカード発行の時間を大幅に短縮することが出来るのでスムーズです。

パート・アルバイトでも申し込むことが出来る

カードローンサービスといえば、年収○○円以上・勤続○○年以上・正社員など厳しい決まりがありました。しかし大手サービスはこのような厳しい条件を設けず、安定(継続)した収入があればパートやアルバイトでも申し込みすることが出来ます。もちろん短時間のパートでも収入があれば申し込みすることが出来るので、少しだけ高校の入学費用が足りない時など、上手に活用してみてはどうでしょうか。

カードローンの利息は日割り計算で返済総額もそれほど高くないので、家計を圧迫せずに利用することが出来ます。例えば5万円を1ヶ月間借りた場合。どれくらいの利息がプラスされるのかを、利用率の高い大手3サービスの返済金利を比較してみました。

プロミス
金利 4.5%~17.8%
無利息サービス 30日間※2
1ヶ月の利息 0円
詳細



※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

高校進学における入学費用はどれくらいかかるのか高校の入学費用は、公立と私立で大きく異なります。公立では約150万円です。入学金や授業料、諸費用を含めた場合の3年間の費用です。諸費用には、PTA会費、生徒会費、教材費、制服、学用品など様々です。私立では約300万円です。私立は学校によって金額に幅がでるので注意が必要ですが、公立の2倍近くの費用がかかります。任意で寄付金の募集がありますが、あくまで任意のため負担する義務はありません。一口約10万円程度が一般的協力する家庭も多いのが現状です。私立高校の入学費用は高くない 公立高校へ進学する理由の一つが、入学費用が安いからというもの。では、私立高校の費用は高いのかというと、実はそれほど高くありません。埼玉県内のある私立高校の例で見ると、入学金は25万円ですが、埼玉県からの補助金が年収609万円未満の場合10万円支給されます。施設等に関しては年収350万円未満なら同じく10万円支給され、合わせて20万円の初期費用が入学後に返ってくるのです。さらに授業料は年収500万円未満の場合は全額補助されますので、実質無料となります。高年収の家庭はもともと費用の心配はないので、弱者に配慮された補助金制度といえます。高校の入学費用について ” お子さんが高校に進むとなって、やはり気がかりなのは入学費用のことではないでしょうか? 当然、高校の入学費用が安く済むのは公立や県立の高校です。年を通してかかるお金の額も私立のそれよりは大分安く済むようになっています。 お金に余裕が無くて、自分の子供を進学させることができないということがあっても、最近は学校側が奨学金制度を取り入れていることもあるので、早めの申請をおすすめします。奨学金は大学のものより安いので、働きながら地道に返していくことは十分に可能です。高校の入学費用はどのぐらいかかる? “合格したらまずは、入学金を振り込むことになります。公立か私立かで金額は大きく違ってきます。私立だと高校によっても違いますし、寄付金等を用意する場合もあります。制服がある学校は制服をオーダーします。これが結構高いです。体操服やシューズも必要です。そして、義務教育ではないので、教科書も自分で購入します。指定された辞書や問題集等を購入する学校もあります。部活も中学の時よりお金がかかると考えておいた方がいいです。運動部だと、高校の名前が入ったジャージやユニフォームやバックを揃えたりします。合格してから入学まで時間があまりない場合もあるので、入学費用は余裕を持って準備しておいた方がいいですね。公立高校にかかる入学費用 最低限必要な費用は地域によってことなりますが、受験料と入学金で約1万、制服を夏服・冬服そろえて約6万円、体操服と体育館シューズで約1万円、普通科高校の場合は参考書等や電子辞書など就学道具をそろえるだけで3万円から5万円ほど必要になります。ここまでで最大13万円を必要とする計算ですが、電車通学であれば4月には定期代がかかりますし、部活用品や修学旅行の積立などを考えると、やはり公立高校の入学費用は20万円前後が1つの目安になります。


 

 

 


このページの先頭へ