モビットの増額には2つのデメリットがあること知っていましたか?



プロミス
200*200
審査
時間
WEB完結
も対応可能
最短30分審査回答
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台 なし
瞬フリ
サービス

詳細
専業主婦
借入
実質年利 4.5%~17.8%
無利息
期間
30日間あり※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

モビットで増額の申請をしても、受理されないことがあります。受理されるためにはいくつかのコツがあります。まず、状況が変化した人ならすぐにでも受理されることがあります。たとえば、かなり前からモビットを利用している人の場合、そのときに申告した年収よりも現在の年収の方が高くなっていることがあります。この場合、年収が増えたことを申告すれば増額できる場合があります。その際には年収証明の提出が必要になることがあります。他にも、最初に契約したときには何らかのローンを組んでいた人もいるでしょう。たとえば自動車ローンなどを組んでいて、現在ではすでに完済している場合には、環境が良い方法校に変化したと見なされます。ですから、この場合にもそれを申告することによって多く借りられるようになる可能異性は高いです。契約をしてからまだ時間の経ってない人の場合、実績を作ると良いです。モビットとしても、きちんと返済のできる人にならたくさん貸したいと考えるのは自然なことです。なぜなら貸すのが彼らの仕事で、それによって彼らは収益を得ているのですから、考えて見れば当然のことだと言えるでしょう。実績というと堅苦しく聞こえますが、借りたものを返すだけのことです。一度も借り入れをしていない人なら実績はありません。少しでも借りて、遅れることなく返済をしていたのであれば、それだけで実績を積むことができます。その期間はだいたい半年くらいです。半年くらいきちんと返済していれば、割と簡単に増額ができます。増額するためには審査を受けなければなりません。まずフリーダイヤルに電話をすると、そこで再審査が行われます。その際にはやはり返済実績がチェックされます。過去に返済が遅れてしまった事実があれば不利になります。それとともに事務手続きをきちんとできるかどうかもチェックのポイントとなります。これも実は簡単なことで、たとえば引っ越しをした場合に住所変更をきちんとしたのか、あるいは勤務先が変わったときにそれを申告したのかと言うことがチェックされます。これらのことを行っていなくて、過去に何か問題があった場合には審査では不利になると言えるでしょう。逆に言えば、フリーターから正社員になったり、あるいは給料やボーナスが増えたりした人の場合、審査では有利になる傾向があります。モビットの場合、貸金業法が適用されますから、総量規制の範囲内ならすぐに増やしてくれることが多いです。ここで総量規制について解説しておきます。総量規制とは、融資金額を年収の3分の1に制限する規制を指します。ですから、たとえば年収が210万円の人なら最大でも70万円までしか借りることはできません。すでに70万円の限度額が設定されている人の場合、いくら増額の申請をしても受理されることはありません。しかし、給料が上がって、年収が300万円になったとしましょう。そうなると、100万円まで借りることができるのです。この場合、返済実績があれば、100万円までならすぐに増額してくれるでしょう。モビットではそれ以上借りられない場合に、別の金融機関で借りれば良いと考える人もいると思います。それは良いことなのですが、何か問題がある場合には同じグループの金融機関には申し込まない方が良いです。三井住友銀行グループのモビットですから、たとえば三菱東京UFJ銀行のカードローンに申し込むのは良い方法ではありません。また、アコムも同じ三菱UFJフィナンシャルグループの会社ですから、こちらにも申し込むべきではないでしょう。他にも、提携関係のある地方銀行なども申し込むべきではないのです。


 

 

 


このページの先頭へ