リボ払いは危険!利息手数料が減らない!損しない返済方法

リボ払いの返済が終わらないとお悩みの方へ!

リボ払い、カード会社がおすすめしてくるから使ってみたけれど、なかなか返済が終わらない!そんな風に思っていませんか。リボ払いが完済しないことで悩んでおられませんか?実は、リボ払いは利用手数料がかなり高額になるため、なかなか完済に至らないのです。そんな仕組みがあったなんて・・・!もう遅い!?いいえ、そんなことはありません。今からでも完済する方法はありますので、それをお伝えします。ぜひ最後までしっかりと読んで、現在の借り入れの完済を目指して下さい。あまりネットには掲載されていない情報ですので、とてもお得ですよ。
とにかく、リボ払いは普通の方法ではなかなか返済が終わりません。最初に契約したままで放置していては、なかなか完済にいたらず、返済が長期化してしまうというデメリットがあるのです。ですがそんなことは、契約時にカード会社は教えてくれませんし、ネットにもそんな情報は載っていません。そこで、あるテクニックを使えば、今困っているリボ払いをお得に、なおかつスピーディに完済することができます。あるテクニックを伝授しますので、ぜひ今お困りのリボ払いの完済を目指して下さい。

リボ払いは手数料が高い!

リボ払いは、正式名称はリボルビング払いといって、毎月定額でお金を返済してくものです。その返済は、ほとんどのケースで利息込みです。毎月決まった金額だけを返済していくだけでいいので、何か高額のモノを買う時、リボ払いにしたら毎月の支払いが楽なのにな、そんな風に思って使ってしまったのではないでしょうか。実はリボ払いの金利は18%前後で設定されていることが多く、金利がとても高いのです。また、先に利息から充当していくというルールがありますので、支払いの最初の方は、金利を先に支払います。そのため、どれだけ支払っても元本が減らず、支払期間ばかりが長期化していくという欠点があるのです。いくら月々の支払いが少ないからといっても、支払う年月が長期化すれば、それは支払総額のトータルで見ると大きすぎる額になってしまいます。そして返済もなかなか終わらず、次の買い物もリボ払いで・・・という風にどんどん返済額も増えていって、毎月苦しいのは変わらないという悪循環におちいってしまいます。
リボ払いを使っている人の多くが、長期の返済になってしまっていくら支払っているかわからない、そんな事態に陥ってしまっています。
リボ払いは、便利である反面、とても使い方が難しい支払方法でもあるのです。でもこんなことは利用する前には誰も教えてくれなかったことだと思います。
ですが、ある方法を使えば、リボ払いは上手に完済できますし、うまく付き合うことができれば、リボ払いはとても便利で役に立つ支払いスタイルだということがわかるのです。

リボ払い、こうすれば支払いが楽になる!

では、そんなリボ払いですが、どのようにすれば支払いが楽になって、なおかつ完済に近づくのでしょうか。
それは、リボ払いに備わっている、「一括返済」「繰り上げ返済」機能を使うことです。
そんな、毎月の支払いで精一杯なのに、一括返済している余裕なんてないよ!と思われるかもしれません。
一括返済をするには、まず今現在支払っているリボ払いの毎月返済金額を、最少額にするといいのです。毎月1万円支払っているのであれば、それを5000円にします。
そうなると、ますます完済が遠のくのでは?と思われますか?その残った5000円を、自分の手元で貯金しておくといいのです。どうせ支払った分は、利息に充当されてしまうので、元本は減りません。それなのであれば、自分で貯金しておいて、まとめて支払ったほうがお得なのです。5000円を1年貯めれば6万円です。そして1年後に、その6万円を繰り上げ返済で一括返済してしまいます。
繰り上げ返済・一括返済は、実は利息を取られず、元本に充当されて支払いの元本が減るのです。そのため、コツコツ毎月返していくよりも圧倒的に元本が減るスピードが早くなるのです。
これが、リボ払い完済のコツです。お金に余裕ができた月は、自分の手元で貯金しましょう。くれぐれも、リボ払いの支払額を多めにして、多く返して早期返済ということは考えないで下さい。利息として取られてしまって、カード会社が得するだけです。自分の手元で貯金しましょう。ある程度の意思が必要ですが、どうせ支払っているお金なのですから、使わなくとも支障はないはずです。
リボ払いは、普通に使うととても損しています。今のあなたの返済方法では、明らかに損をする支払い方式です。このように、一括返済と繰り上げ返済を上手に使って、賢く完済につなげましょう。

それでもお金がないときには

それでも、何か必要なモノを買うときはリボ払い、そして手元にお金がなくて、欲しいものが買えないというようなことがあると思います。
そんなときは、キャッシングを使ってみて下さい。
どうしても手元にお金がない場合は、キャッシングという方法があります。
実は、みんな口に出さないだけで、多くの人がキャッシングを上手に利用しています。
しかも賢く上手に利用しています。
キャッシングは、リボ払いよりも金利が安く、返済もわかりやすいため、お得なのです。
もしも今、手元にお金がなくて、リボ払いの返済に困っているのであれば、キャッシングして完済してしまうのもひとつの手です。
キャッシングは、モノを買うのではなく、現金を借り入れる方式です。カードローンを使って、ATMから現金を引き出します。
リボ払いで何かを買うよりも、キャッシングのほうがはるかに借り入れできる金額も多いのです。消費者金融ではなく銀行カードローンを選べば、年収よりも多い額のお金を借りることができますし、数百万円もの借り入れをすることも可能です。
銀行カードローンで借りれば、とても金利が安いところであれば、利息1%台で借りることもできます。リボ払いの金利が18%であるのに比べて、とてもお得です。
そのため、いまリボ払いの支払いで苦しんでいるのであれば、安い金利の銀行カードローンでお金を一括で借りて、そのお金をリボ払いに充当して一括返済ですべて綺麗に完済してしまうという方法もあります。
もし今、リボ払いで悩んでいるのであれば、そういった方法もありますので、キャッシングを検討してみて下さい。
そして、銀行カードローンで借り換えした後は、上述の一括返済・繰り上げ返済を上手に使って、早期の完済を目指してみて下さい。こうしたやり方を駆使すれば、今とても悩んでいるリボ払いの支払いも、思ったよりも楽に完済することができるでしょう。

まとめ:キャッシングを使ってみよう!

いかがでしたでしょうか?カード会社に言われるがまま、契約した状態のままでリボ払いを放置して素直に支払っているだけでは、いつまでもリボ払いは完済にいたりません。そこで、さまざまな方法を駆使して、リボ払いを完済しましょう。ここでお伝えしたテクニックを使えば、リボ払いは早期に完済できます。繰り上げ返済をする貯金を手元で行うには、ある程度自分の意思をコントロールする必要がありますが、絶対に完済するんだという強い意志を持って、手元貯金に励んで下さい。そしてキャッシングを使って、上手にリボ払いを完済してみて下さい。このテクニックを使えば、今困っているリボ払いは、早期に完済できるはずです。

大手3サービスのキャッシングを比較すると

プロミス
200*200
審査
時間
WEB完結
も対応可能
最短30分審査回答
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台 なし
瞬フリ
サービス

詳細
専業主婦
借入
実質年利 4.5%~17.8%
無利息
期間
30日間あり※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり

※2残高25.000円以内適応※3メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。※4三井住友銀行本支店内設置分とプロミス店舗設置分の合計数(2015年12月現在)

クレジットカードを利用すると一括にせよ、分割にせよ、利用した額に応じて毎月の返済額が異なります。多く利用すれば翌月の返済は多くなり、支払い時に驚くこともあります。そんなときに利用するのがリボ払いです。これは、利用額に関係なく毎月の返済を一定にするものです。これを利用する際にはメリットとデメリットを踏まえておく必要があります。まずメリットですが、毎月の返済額が一定なので、返済計画が立てやすくなります。なお、ボーナスなどまとまったお金が入ったときは一括返済も可能な点もあります。ではデメリットですが、毎月の返済額が一定なため、ついつい買い物をしすぎてしまう点があります。次に、利用手数料が高いという点です。概ね15%から18%となっています。つまり、手数料が高いのに買い物をしすぎてしまうと支払い総額が膨らみ、いつまでたっても完済できないということになってしまいます。以上のようなリボ払いの特色を踏まえた上で、一括払いにするのか、分割払いにするのか、リボ払いにするのかを選択するべきです。


 

 

 


このページの先頭へ