ソフトバンク停止へ!料金滞納はマジ危険!緊急の対処法まとめ

ソフトバンクのスマホを利用しているけれども、料金を滞納している、または滞納しそうという方はいらっしゃいませんか?

携帯やスマホの料金を滞納していると携帯の通信を止められてしまいますが、それだけではなく強制解約されて、新たに携帯電話を契約することができなくなります。しかも、信用情報に傷がついて、ローンやクレジットカードを利用することもできなくなり、その後は5年以上もの間、カードなしで生活をしなければならない可能性が高いです。そうなる前に、必ず料金を支払わなければなりません。そこで今回は、ソフトバンクの料金を滞納するとどうなるのかや、料金支払いが出来ない場合の対処方法をご紹介します。

ソフトバンクの料金を滞納すると携帯を止められる

ソフトバンクのスマホを使っている場合、料金を滞納したらどのようなことが起こるのでしょうか?

この場合、指定されている支払期日に料金の引き落としなどの方法で支払が確認できないと、1週間くらい経ってソフトバンクから支払用の振込用紙が送られてきます。振込用紙には支払期限が記載されているので、期限内に支払をすれば携帯を止められずに済みます。しかしこれを無視して支払をしないでいると、定められた支払予定日を過ぎたときに、携帯が止められてしまいます。

その後、滞納している料金を支払えば、携帯を再び利用することができますが、そのまま支払をしないで放置していると、当初の滞納日から2~3ヶ月くらい経った頃に、携帯が強制解約されてしまいます。このように、携帯料金を支払わないで放置すると、いずれ近い時期にソフトバンクの携帯が利用できなくなるので、まずはこの点を押さえておくことが重要です。

金滞納がある限りは新たに携帯を契約できない

ソフトバンクの携帯の料金を滞納して携帯を止められたとしても、ドコモやau等の別の携帯会社と契約したら良いのではないか?と考える人がいるかもしれません。しかし、ある1社で携帯料金を滞納していたら、その滞納状態を解消しない限り、別の携帯会社で携帯の契約をすることはできません。携帯電話の大手3社や各種の携帯会社、PHS会社などは、「一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)」という団体を作っています。

そして、TCAでは、参加している各携帯電話会社やPHS事業者において、利用者の不払い情報を共有しています。そこで、ある1社で携帯料金を滞納したら、その滞納状態を解消するまでの間、他の携帯会社でもスマホや携帯を契約することができなくなるのです。不払い情報は5年間残るので、料金を滞納したままの状態だと、5年間は携帯もスマホも一切利用できない状態が続いてしまい、大変不便です。

端末代を分割で支払っていたら、信用情報に傷がつく

ソフトバンクの料金滞納をした場合、「単に携帯電話が使えなくなる」というだけの問題では済みません。この場合、個人信用情報にも傷がついて、「金融ブラック」状態になってしまうおそれがあります。金融ブラック状態とは、信用情報に問題のある情報が登録されて、ローンやクレジットカードなどの審査に通らなくなってしまった状態のことです。その仕組みをわかりやすく説明します。

個人の信用情報は、指定信用情報機関であるCICやJICC,KSC(全国銀行個人信用情報センター)において管理されています。そして、これらの信用情報機関には、消費者金融やクレジットカード会社、銀行などが加盟していて、それぞれの顧客の情報をやり取りしています。たとえば、消費者金融にキャッシングの申込みをしたら、その消費者金融が加盟している信用情報機関の個人信用情報に申込があった旨の情報が登録されます。
借入をした場合や完済した場合などにもその旨の情報が登録されます。

そして、銀行や信販会社などは、融資の申込があると、申込者の個人信用情報を確認して、信用力に問題があるかないかをチェックします。ここで、個人信用情報に、遅延や滞納などの問題のある情報が登録されていたら、その人にはお金を貸しません。そこで、遅延情報などが登録されていると、融資やクレジットカードの審査に通らなくなるので、借金ができなくなるのです。携帯電話の端末代を分割払いで支払っている場合、その支払いにおいては信販会社を利用しています。この場合に携帯電話代を支払わないと、信販会社への返済を滞納したことになってしまい、信販会社が加盟している信用情報機関に滞納情報が登録されて、金融ブラック状態になってしまいます。

こうなると、携帯電話だけではなく、どのような消費者金融やクレジットカード会社でも借入ができなくなってしまいます。携帯電話料金を滞納してから金融ブラック状態になるまでの滞納期間は、だいたい2~3ヶ月程度です。それ以上携帯料金を滞納すると、一切のローンやクレジットカードを利用できなくなってしまうおそれが高いので、注意が必要です。

ソフトバンク料金滞納で金融ブラックになるケース

ソフトバンクの料金を滞納したとしても、どのようなケースでも金融ブラック状態になるわけではありません。ソフトバンク携帯を利用している場合、端末代を支払い済みのケースと、端末代を分割払いで支払っているケースがあります。分割で端末代を支払っているとき、支払額の全部や一部を携帯代金から差し引いてもらえることが普通なので、「支払っている」という意識がないかもしれませんが、当初契約時や機種変更時に、機種代金をまとめて支払っていない場合には、その後2年間程度、携帯端末代を毎月分割払いしているのです。

このように、携帯電話端末代を分割払いしている状態でソフトバンク携帯の料金を滞納すると、携帯端末代を滞納してしまうことになるので、金融ブラック状態になります。これに対し、携帯端末代を一括払いしていたり、2年の分割払いを終えて支払い済みになっていたりする場合には、携帯料金を滞納しても通信料の不払いになるだけなので、金融ブラック状態にはなりません。ただし、この場合でも、上記の通り、携帯を強制解約されたり新たに契約ができなくなったりする問題はあります。

信用情報に傷がつくとできなくなること

金融ブラック状態になると、具体的に何ができなくなるのでしょうか?

この場合、まずはクレジットカードを発行することができなくなります。また、今利用しているカードについても、更新などのタイミングで止められてしまいます。消費者金融のキャッシングも利用できませんし、分割払いでショッピングをすることもできなくなります。カードローンや車のローンなども利用できません。何もかも現金払い、一括払いする必要があるので、大変不便な生活となります。

このような金融ブラック状態は、滞納状態が続いている限り永遠に続きます。純粋な携帯通話料の滞納とは違い、5年などの期間が経過したら自然に解除されることがないので、注意が必要です。しかも、いったん遅延情報が登録されて金融ブラック状態になってしまったら、その後滞納を解消したとしても情報を消してもらうことができません。遅延解消後も5年程度金融ブラック状態が続いてしまうので、大変な不利益があります。

料金を滞納しそうなら、早めにカードローンを利用して支払を!

ここまでお読み頂いたら、ソフトバンク携帯の料金滞納がどれほど重大で危険なことなのかがよくわかったことでしょう。「単に携帯代を払っていないだけ」、などという考えでいると、大変な問題が起こってしまいます。そこで、ソフトバンク携帯の料金支払いが苦しくても、何としてもそれだけは支払をすべきです。

ここで役に立つのがカードローンです。カードローンであれば、すぐに数万円の少額から融資を受けられますし、審査もさほど厳しくはないです。ソフトバンク携帯代を滞納したら、このようなカードローンすら利用できなくなるのですから、その前にカードローンを使ってソフトバンク携帯の料金を支払う方が得です。今、ソフトバンク携帯の利用料を滞納している方や滞納しそうな方は、お早めにカードローンでお金を借りて、携帯代を支払うことをおすすめします。

以上のように、ソフトバンク携帯料金を滞納すると、大変な不利益があります。カードローンを利用して支払をすれば回避できる問題なので、今、ソフトバンク料金を滞納しそうな場合には、早めにカードローンの申込みをしましょう。

ソフトバンクの通話料を滞納してしまった場合、当然のことながらソフトバンクの携帯電話を使って通話をすることが出来なくなってしまいます。今はスマートフォンが流行している時代ですが、未だに普通の携帯電話を使って通話を楽しんでいる人も多いものです。特にソフトバンクの場合はお得な通話プランが沢山ありますので、お得に通話を楽しんでいる人は非常に多いです。しかしどのようなお得なプランに入っていたとしても、通話料を滞納してしまえば携帯電話を使用することは出来なくなってしまいますので、何の意味もないのです。現代人は携帯電話で友達や恋人等に電話をしたりメールを送ったりしてコミュニケーションをとっています。もしも通話料を滞納してしまって通話やメールが出来ない状態が長く続いてしまったとしたら、人間関係にもヒビが入ってしまうに違いないのです。なので良好な人間関係を保ちたいと思っているのであれば、滞納しないようにしましょう。


 

 

 


このページの先頭へ