【葬儀・葬式費用の平均相場】もし支払えない時の解決策は?

予期せぬ突然の不幸により、葬儀・葬式費用が支払えない、足りないケースがあると思います。まず、最低限の葬儀・葬式費用として「葬儀費用・飲食費用・寺院費用」の3つが最低限必要となります。

金額相場 費目
葬儀費用 約122万円 遺体搬送/斎場・火葬/祭壇/棺/お花/遺影/骨壷/位牌/枕飾り/ドライアイスなど
飲食費用 約34万円 通夜振る舞い/葬式お食事代など
寺院費用 約45万円 読経代/戒名代/御車代/御膳料など
合計 約201万円


葬儀・葬式代の平均相場は約201万円ほど。これまでは遺族や故人と親交のあった方たちへ葬儀・葬式の案内状を送り沢山の方たちに見送られる葬式スタイルが一般的でしたが、最近は身内のみで行う家族葬や式を行わず火葬のみの直葬などのスタイルで行う方も多くなりました。葬儀・葬式はどれくらいの規模で行うかにより費用が変わってきます。

式を行わず火葬のみの直葬が最も費用を抑えることが出来ますが、それでも最低限の費用(火葬代や読経など)は必要となるため、最低でも10万円ほどはお金の用意が必要となります。寺院費用の戒名代は、宗派・ランクにより料金が異なります。10万~100万円ほどとなり、葬儀・葬式費用は戒名代で大きく料金が変わってきます。そして葬儀・葬式費用の支払い方法も異なりますので確認しておきましょう。

葬儀・葬式費用の支払い方法は?

突然の不幸でお金の事は後回しになってしまいがちですが、基本的に葬儀・葬式費用の支払いは「現金による一括払い」となります。遺体搬送や祭壇関連・役所手続き代行などを葬儀会社へ依頼する場合、クレジットカード払いや分割払いに対応しているか必ず確認しましょう。

最近の葬儀会社はクレジットカード払いなども受付していることが多いのですが、支払いの一部を契約時に現金にて事前払いをすませなくてはいけないなど条件がある場合もあります。葬儀会社への支払はクレジットカードや分割払いが出来たとしても、読経などをして頂くお布施代は現金による一括払いのみとなります。

お金を支払うタイミングは、葬儀業者への支払いは全てが終わってからとなります。寺院費用は通夜や火葬・葬式でお経を読んで頂いた後すぐに手渡しでお布施の支払いを僧侶へ渡します。その際に読経代だけではなく、足を運んで頂いたお礼に御車代なども現金にてお渡しすることになります。(読経代/平均5万(1回):御車代/平均1万(一日))

葬儀費用や仏具・墓石などの購入費用を事前に葬儀ローンを組んでいるなら、こちらでお金の対応が出来ます。ですが突然の不幸により葬儀ローンや貯金をしていない場合、「お金が支払えない・・・」なんて事は言えません。どうしても現金が手元に用意できない時は、即日融資も可能なキャッシングを利用する方法もあります。

どうしても葬儀・葬式費用が払えない時の解決策は?

埋葬料や葬祭費の補助金を利用する

各市町村や故人が加入していた社会保険や国民健康保険から埋葬料の補助金があります自治体によって異なりますが、平均して5万円の補助金支給となります。ここで気をつけて欲しい事が、必ず故人が加入していた社会保険もしくは国民健康保険へ申込みしなくては支給されない事です。申込みには死亡診断書や葬儀費用の領収書などが必要となります。請求期限は死亡日から2年となります。

【ポイント】申込みに葬儀費用の領収書が必要となるため、受取時期は葬儀が全て終わって申込み→数週間後以降の振込みとなります。

市民葬や区民葬で葬儀費を抑える

自治体と葬儀会社が提携し葬儀を行います。故人または喪主・申込者が住民登録されている市役所/区役所にて、死亡届を提出と一緒に申込みが必要となります。一般的な葬儀よりも低価格で行え所得制限などの決まりがありません。

【ポイント】葬儀を50万円以下に抑える事も出来ますが、祭壇や棺が簡素的、セット料金で計算されるためドライアイスやお布施などは各自で費用を用意となります。

口座凍結でお金なしならキャッシング

突然の不幸により亡くなられた本人名義の預金から払い戻しができなくなります。葬儀費用のほぼ全ては即日現金での支払いが一般的なため、どんなに本人に預金があったとしても口座凍結してしまうと葬儀・葬式代などの費用は自分たちで対応しなくてはいけません。(※口座凍結となると相続手続きが必要となります。故人と相続人の戸籍謄本などが必要となり解除まで時間が必要となります。)手元にお金がなく困っているなら、キャッシングサービスが最も早い対策法です。

【ポイント】即日融資も可能なキャッシングサービスもあり、土日祝日も利用出来ます。インターネットからの申込みが出来、必要書類の郵送も全てWEB完結することが出来ます。

このような時期にキャッシングというのは遠慮しがちですが、葬儀・葬式費用が足りず支払えないのは、僧侶などへご迷惑を掛けてしまいます。たとえキャッシングサービスからお金を借りても、後から香典や口座凍結解除の手続きによりお金が戻ってくるので早期返済することが出来ます。急いでお金が必要ならこの3社がおすすめです。

はじめてでも安心なキャッシングはこの3つ

プロミス
200*200
審査
時間
WEB完結
も対応可能
最短30分審査回答
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台 なし
瞬フリ
サービス

詳細
専業主婦
借入
実質年利 4.5%~17.8%
無利息
期間
30日間あり※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり

※1メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式HPをご確認ください。

kimete

30日間無利息だから安心

プロミスを初めて利用すると、初めて出金した翌日から30日間無利息サービスが開始されます。キャッシングサービス利用が初めてでも、無利息があるから安心して利用することが出来ます。返済日が毎月5、15、25、末日から選択することが出来、インターネットから24時間いつでも返済することが出来ます。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

受付完了から最短10秒で振込みも可能

プロミスの瞬フリサービスを利用すれば、融資受付から最短10秒で口座振込みも可能です。三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合に限りますが、振込み受付も土日祝日に関係なく24時間対応しております。瞬フリサービスが利用出来なくても申込み後、最短1時間融資なので、どうしてもお金が足りない急ぎでもしっかり対応出来て便利です。

郵送・郵便物がないから便利

プロミスはインターネットからの申込みで、必要書類の提出も全てWEB完結出来ます。また融資で必要なカードも不要で利用することが出来るため、パソコンやスマホ・携帯電話で取引が全て行えます。口座振り込みのみとなりますが、対応金融機関は銀行・信用金庫合わせて200行以上になるので地方銀行しか口座がなくても活用出来ます。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス):公式HPへ


 

 

 


このページの先頭へ