中学校の入学費用が足りない!3月でも間に合う借入まとめ

中学校の入学式まで残りわずか。指定制服など準備が多い中学校は、入学式までに学校に必要な物を全て揃えておかなくてならず大変ですね!全ての準備、出来ましたか?

入学費用が足りなくて必要な物が揃わず困っているなら最終手段としてキャッシングサービスの利用もあります。どうしても今日中にお金が必要ならこちら→「今日中にキャッシングできるのはどこ?」。今すぐ解決することが出来ますよ。

中学校の入学で必要な物と費用はどれくらいか?

中学校は義務教育ですが用意しておかなくてはいけない物が多く、一つ一つが高いんですよね。そして小学校と違って必要な費用がグンとアップします。公立中学校と私立中学校は入学費用が異なり必要な物も違います。それぞれに必要な物や費用を比較してみました。

準備品 公立中学 私立中学
入学金 なし 約10万~
制服 約6万~ 約6万~
体操着 約1.5万 約1.5万
ウィンドブレーカー 約1万 約1万
指定バッグ 約5千 約5千
指定ズック 約3千 約3千
トータル 93,000円~ 193,000円~


入学する学校によってブレザーやセーラー服、学ランと制服が異なりますが、制服だけでも約6万円ほど、女子の制服の方が高くなります。制服試着の時に全てのサイズを決めてしまうので、夏・冬用を一度に購入するのが一般的です。体操着も上下のほか半そで・短パンと洗濯することを考えてそれぞれ2着は必要になります。

特に注意して欲しいのが私立中学校の入学費用です。私立は入学するために「入学手続時納付金」が必要です。入学金と呼ばれるもので、合格発表が終ると期日までに収めなくてはいけません。(期日は約2週間)私立中学によって金額が異なりますが、約10万円~で地域性や中学校によっては約100万円近い入学金を納めなくてはいけない事があるんです!

他にも通う中学校が遠い場合、電車代や自転車などの用意も必要になります。入学費用は前もって貯金しておく家庭が多いのですが、実際はオーバーしてしまいお金が足りない><という家庭も実は多いんです。入学費用が終わっても毎月の学費も高いですし・・・。貯金が底付いてしまいますよね。

中学の入学費用が足りない!カバー手段で最適な方法はどれ?

1.親や友人から借りる

入学祝いは平均で1万前後、血縁関係が遠いとお祝い金の額が少ないため、中学の入学費用に必要な約10万円を全て入学祝で補うとすれば広い親戚関係が必要となります。一時的に友人から借りる手段もありますが、どの家庭も入学・進学でお金が必要なので快くとはいきません。中学校で必要な物は遅くても3月頃までに用意しなくてはいけません!入学金だけでカバーするなら早めに頂ける環境を作らならず、ある程度の費用はカバー出来ても全て賄うのはとても厳しいです。

【時期】

入学する約2週間前までに贈られるのが一般的。遠方の場合は入学後などになることもあります。

【平均金額】

両親・・・1万円
甥・姪・・1万円
親戚・・・1万円
友人・・・5千円
会社・・・5千円

【メモ】

入学祝いはお金だけではなく、中学校で必要な道具など贈り物で渡されることもあります。

2.就学支援制度を利用する

就学援助は生活保護世帯や災害や病気などで低収入な家庭で、経済的な理由により就学費用を用意できない方を対象に学用品などを援助する制度です。年収や家族数など審査が行なわれ支給対象かを決めます。就学支援制度の申込みは小学校を卒業する前に手紙で渡ります。申込みを事前にする事が出来ても、給付金は入学後となるため入学費は先に支払う必要があります。また入学費用の対象となる物が限定されています。

【申込み】

小学校卒業付近に手紙→必要事項を記入後に通学している学校へ申込み

【対象者】

・生活保護世帯
・住民税非課税世帯
・自動扶養手当受給者など

【援助対象の品目】

・進学用品(平均2.5万円)
・入学準備金(平均4万円)
・郊外学費など

【支給日】

中学校へ入学し1ヶ月後以降。※自治体により異なる

3.教育ローンを利用する

銀行では使い用途を教育資金に限定した教育ローンを利用することで、低金利でお金を借りることが出来ます。中学校の入学前から利用出来て低金利で最大限度額が高めに設定される事が多いです。教育ローンは低金利で融資するため、申込者本人の年収や勤続年数など細かくチェックされます。融資まで最短1週間~と長いため今すぐの緊急には向いていません。

【対象者】

契約者に安定した収入があり、他社からの借入額もゼロに近いこと。

【申込み】

教育ローンを取り扱う金融機関へ出向く

【金利】

平均3%~

【審査】

審査結果は最短で1日、平均で3日以上。職場環境、家族構成、住宅事情など全て審査対象。

【支給日】

最短1週間、平均で2週間

4.キャッシングサービスを利用する

中学の入学費用が少しだけ足りない、今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングサービスです。最短で即日融資も可能な大手サービスが多く、短期間利用に便利な無利息サービスや長期利用でも安心な低金利サービスが充実しています。

【対象者】

契約者に安定した収入があり、他社からの借入額もゼロに近いこと。

【申込み】

インターネットから24時間申し込める。

【金利】

平均10%~

【審査】

審査結果は最短30分。職場環境、家族構成、住宅事情など全て審査対象。

【支給日】

最短で即日融資も可能

point
もう入学間近!中学の入学費が足りずに困っているなら、キャッシングサービスが便利。今日中に借りることも出来る他、月々の返済額を抑えて利用することも出来ます。キャッシングサービスは、中長期の利用も安心な低金利や無利息サービスが充実しています。

今すぐ対応も可!大手キャッシングサービスを比較

プロミス
200*200
審査
時間
WEB完結
も対応可能
最短30分審査回答
土日祝日
出金
契約機数
約2.500台 なし
瞬フリ
サービス

詳細
専業主婦
借入
実質年利 4.5%~17.8%
無利息
期間
30日間あり※2
詳細 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。。※2 契約完了後

このサイトではじめて借入される方に3分でわかるキャッシングの正しい選び方をご紹介しますのでもしどこを選べばいいのか?迷っているなら中学校入学費用について。同じ義務教育ではありますが、小学校の入学費用に比べて、中学校の入学費用は格段に上がってしまいます。男女共に制服、体操服、上履き、体育館履きは学校指定の物が必要になります。通学用のバッグなども学校指定の場合などもあります。教材費や給食費、生徒会費、PTA会費など毎月費用がかかる場合もあります。また、部活動などを始める方も多くいる為、部活動用の用具なども個人の負担となります。校外学習や修学旅行など、学校行事での出費も増えます。中学校の入学費用について中学校は公立と私立のどちらに通わせるかで入学費用に大きな差が出ます。公立に通わせる場合、入学時にかかるお金は平均5~10万円です。地域や通う中学校によって違いますが、一般的に制服や教材等の購入金や学校に納める諸費用でこのくらいになると言われています。私立中学校の入学費用は平均20~30万円です。公立よりは高くなる傾向がありますが、私立は通う学校によって入学金や制服の有無、学費にかかるお金の差が大きいので平均はあくまで目安となります。公立中学校にかかる入学費用 公立中学校の入学費用は、必要最低限のものを揃えて、おおよそ10万円強かかります。女の子の方が、若干高くなる傾向があります。制服と体操服は、それぞれ夏用と冬用が必要です。それから、体育館シューズが必要です。カッターシャツも複数枚必要ですし、靴やベルト、指定バッグなども購入しなければなりません。さらに、通学に自転車が必要な場合や部活道具などを揃えると、何だかんだで15万円前後になります。お下がりを頂くなどできれば、かなり節約できます。私立中学校に必要な入学費用 入学費用は、入学する私立中学校によってかなり差がありますが、公立中学校とは比べものにならないほど高額です。まず必要なのは受験料です。受験料は、1万円から3万円前後である場合が多く、さほど高くはありません。しかし、入学金と寄付金あるいは学校債を合わせると50万円以上必要なところもあります。さらに、指定の制服、ローファー、通学バッグとサブバッグ、体操服、教材等を購入しなければなりません。これらとは別に、施設充実費を集めるところもあります。中学校の入学費用はどれくらい必要なのか子供が中学校に入学するにあたり、どれくらいの入学費用がかかるのかご紹介したいと思います。中学校の入学費用は公立なのか私立なのかにもよって変わってきますが、公立の場合は約10万円ほどかかります。その内訳は制服が最も多くを占め、夏服冬服を合わせて5~6万円ほどとなります。その他に体操着に1万5千円ほど、学校指定のかばん、上履き、学用品などがあげられます。地域により、自転車通学になるのであれば自転車やヘルメットなどの費用も掛かってきます。


 

 

 


このページの先頭へ